CB750K0 エアクリーナーケースの修理

外観からは汚れ以外に目立った傷がないCB750K0のエアクリーナーケースですが、内側の特にアッパーケースの仕切り板がボロボロに塗装がはがれ、細かくひび割れしています。

c0266491_20432196.jpg


原因はキャブレターからの吹き替えしとオーバーフローで流れ込んだガソリンがケースの素材のABS樹脂を変質劣化させたんでしょうね。 以前にも使っていたエアクリーナーケースはこれ以上にひどい状況で、仕切り板が熱で溶けたように波打って変形していました。

もう新品の部品は無いので仕方なくひび割れたところを接着剤で補修しましたが、いずれまたガソリンで溶けてしまうでしょう。 そうなったらリプロパーツを使うしかありませんね。

c0266491_20441142.jpg

c0266491_20444740.jpg


原因のキャブレターからの吹き替えしは、寒い時期の暖機中にスロットルを不用意に大きく煽ったりすると、シュッパって音をたててエンジンが息つきします。 まさにあの時です。 だから慎重に扱えば吹き替えしはある程度防げるはずなんでが...
[PR]
by motosprite | 2015-07-13 20:46 | CB750K0

オートバイと飛行機が趣味のお気楽ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30