航空自衛隊パッチ集め 

航空自衛隊パッチ集め
マッハのパーツ集めに夢中になっていましたが、一時期航空自衛隊のパッチ集めにも凝っていました。
96年秋の航空祭でブルーインパルスのパッチをお土産に買ったのがこの趣味の始まりでした。
航空自衛隊員にツテが無い私がパッチを入手できる方法は、各地の航空祭に行って部隊の模擬店で買うことでした。 あの頃、パッチの人気は凄まじく過熱していて、前夜から基地門前に並び、開門と同時に会場の航空部隊のテントに向けてダッシュして押し合いへし合いでした。 パッチは部隊の創設記念や機種変換記念、演習参加記念、戦技競技会参加記念など、部隊関係者に配るためのに作った残りを航空祭で販売していました。 なので数量は限られていて即品切れになります。 それが更に人気を呼んで人気は過熱していました。
2013年頃、自衛隊内部通達か何やらで自衛隊員が民間人に物品を販売することが禁止になったようで、多くの航空祭で部隊の模擬店が姿を消しました。 本当に悲しいことでした。
その後は業者が販売する土産用パッチやヤフオクで転売されるパッチしか航空自衛隊のパッチを入手することは出来なくなりました。

もう一つマニアのこだわりはパッチが本物かレプリカかという問題です。
本物の定義は人それぞれで線引きはありません。 私が考える究極の本物は、航空自衛隊部隊がパッチ刺繍業者に発注して関係者に配布された物と余った物です。 容認できる本物は、航空祭での販売用に部隊が作り、部隊が販売したパッチです。 それ以外はレプリカと考え私の価値感は下がります。

ビンテージバイクでもタンクやシートやマフラーがメーカー純正なのか、それとも復刻レプリカなのかと同じと思います。
走ることや機能を最優先に考えればパーツは復刻品を使うでしょうし、博物館的価値を唱えたら純正であることに意味を持っているのと同じですね。

c0266491_2295329.jpg

[PR]
by motosprite | 2015-08-03 22:11 | 飛行機

オートバイと飛行機が趣味のお気楽ブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30