82年デイトナ スーパーバイク100で2位#43 マイク・ボールドウィンのCB750Fが今月2日まで埼玉県和光市役所のロービーに展示されました。 雑誌RACERSで詳しくとりあげられたマシンをまじかで見られるとあって大急ぎで駆けつけましたが、さすがに公共の場のためそっと見学しました。 
c0266491_17254830.jpg
 
[PR]
by motosprite | 2015-06-29 17:27 | オートバイ一般

ネットオークションで手に入れたCB750の中古オイルポンプを全バラしてみたら、なんと、使い物にならないポンコツでした。

CB750はドライサンプ式強制潤滑システムのため、オイルポンプは心臓にあたる重要なパーツです。 
オイルタンク内のオイルをシリンダーヘッドやクランクシャフトに給油する送り用ポンプと、ケース内のオイルをオイルタンクに戻すとともにミッションに給油する戻し用ポンプを備えています。 ポンプはローター式のトコロイド型で安定した給油ができるポンプです。
c0266491_16345567.jpg

分解前のポンプは真っ黒に汚れていましたが、洗ってやると新品同様にきれいになりました。
ポンプを全バラして内部を細かく点検してみると。
c0266491_163759.jpg

トコロイドのインナーとアウターローターに無残な傷と金属表面の剥離が起きていました。 この部分で油圧を発生させる場所のため、この状態を見ただけでこのポンプは使えないと判断しました。
c0266491_16372671.jpg

c0266491_16374314.jpg

傷は送り用ポンプのサイドカバーにも異物を噛んでできたと思われる回転傷が無数に付いています。
c0266491_1638076.jpg

考えられる原因は、ケースに溜まったオイルを吸ってオイルタンクへ圧送する戻り用ポンプにダメージが多かったことから、このポンプが付いていたエンジンはオイル管理がよほど悪くて、クランクケースの底に溜まった金属粉やゴミをポンプが噛んだのだろうと思います。

このポンプのように中古のエンジンパーツを購入するのは元の状態がわからないため賭けのようなものです。 
[PR]
by motosprite | 2015-06-27 18:58 | CB750K0

<ブレーキフルードの役割>
ブレーキレバーを握るとのピストンが押されてブレーキラインに油圧が発生します。 油圧はキャリパーに伝わり、ピストンがブレーキパッドをブレーキディスクに押付けることでブレーキが効きます。 ブレーキフルードの役割は油圧を伝えることの他に、ブレーキライン内の水分を吸収すること、錆の発生を防ぐこと、ブレーキフルードの温度が変化してもブレーキフィーリング一定に保つことです。

<ベーパーロックとは?>
ブレーキを掛けた時に発生する熱はブレーキフルードに伝わり、レースやハード走行でブレーキを酷使しするとブレーキフルードの温度は急激に高くなります。 ブレーキフルードの沸点が低いと、沸騰してブレーキラインの中に気泡が発生します。 気泡には伸縮性があるためブレーキを強く掛けても油圧がキャリパーピストンに伝わりにくく、ブレーキが効きが悪くなる現象が起きます。 これがベーパーロックです。

F1レースやルマン24時間レースではコーナー手前のハードブレーキングでカーボンディスクが真っ赤になるほど温度が上がり、ブレーキフルードの温度は300度以上になります。 ブレーキフルードの沸点がそれ以下だったら直ぐにベーパーロックが発生してしまいます。 スポーツ走行をするバイクや車には沸点の高いブレーキフルードが必要になります。

<ブレーキフルードの規格>
国産車に使われるブレーキフルードはグリコール系を成分にしています。 グリコール系ブレーキフルードは吸湿性があり、ブレーキラインの中の水分をブレーキフルードの中に包み込んで、ブレーキフルード自体の沸点が大きく下がることを防いでいます。 もし吸湿性が無かったら水分はそのまま存在するので、水分は100℃で沸騰し、0℃で凍結してしまいます。

ブレーキフルードの規格はDOT3、DOT4、DOT5.1の3種類に分類されています。
それぞれの規格にはドライ沸点とウェット沸点が定められています。 ドライ沸点はブレーキフルードが新品のときの沸点です。 ウェット沸点は長時間の使用により水分が混入することを想定して、水分が3~5%前後混入したときの沸点で定めています。

DOT3規格 : ドライ沸点205℃以上、ウェット沸点140℃以上
DOT4規格 : ドライ沸点230℃以上、ウェット沸点155℃以上
DOT5.1規格:ドライ沸点260℃以上、ウェット沸点180℃以上

DOT5規格はシリコン系鉱物油でハーレーの純正指定です。
シリコン系とグリコール系の混用はできません。

<ブレーキフルードのメンテナンス>
ブレーキフルードの交換は通常2年とされていますが、これは4輪車の話であって、バイクはマスターシリンダが露出しているため水分の混入が多くなります。 そのためフルードの沸点が下がりやすく、錆の発生も起きやすいので、通常使用でも1年を目安に交換することをお勧めします。

新品のブレーキフルードは無色(淡黄色)ですが水分が混入すると茶系に変色します。 フルードが黒く変色しているのは、ピストンカップやピストンシールのゴムが摩滅してゴミが堆積したものですから、パーツ交換も必要になります。

マスターシリンダやキャリパーを分解洗浄する場合は、速乾性パーツクリーナーや中性洗剤+お湯を使い、組み立てにはブレーキフルードを使います。 ガソリンや洗油は鉱物油のためその成分が残り、内部のゴムシール類に悪影響を与えますので使ってはいけません。 グリコール系ブレーキフルードは塗装を痛めますから、メンテナンスする間はフルードの飛沫がタンクやメータパネルに付かないように布を被せるようにします。

エア抜きが不十分だとレバーのタッチがスポンジーになります。 ブレーキフルードの使用量は0.5ml以下で足ります。 ダブルディスクの場合は微小なエアがキャリパーに残りやすいため、一旦エア抜きをした後、時間を置いてもう一度エア抜きをしてください。 分散したエアが時間を置くと大きな塊に集まるので、エア抜きがしやすくなります。
c0266491_16243024.jpg

c0266491_16245387.jpg

[PR]
by motosprite | 2015-06-26 15:40 | オートバイ一般

コツをつかめば意外と簡単
ポイントの点検調整と同じく定期的にメンテナンスしたいバルブクリアランス。
キャブレターを調整する前に済ませておきます。
c0266491_1465488.jpg

バルブクリアランス調整とは
カムシャフトに連動してバルブを押し下げするのがロッカーアーム。 ロッカーアームの先端とバルブステムエンドとの隙間が小さいと、熱で膨張したバルブは常に押し下げられて圧縮漏れを起こし、エンジン不調になります。 逆に隙間が大きいと、エンジンノイズの原因になります。

ロッカーアームのアジャストスクリュー先端とバルブステムエンドの隙間をシクネスゲージで測って、基準値になるようにスクリューを回して調整します。
CB750K0のバルブクリアランス点検と調整は、エンジンが冷えた状態で行ないますので、納得がいくまでじっくり時間を掛けて行なえます。

<バルブクリアランス調整の手順>
①作業の手順はヘッドカバーのアジャスティングホールキャップとコンタクトポイントカバーを外します。 クランクシャフトを回転しやすくするためプラグも外します。

②4番シリンダーを圧縮上死点の位置にします。
バイクにまたがって左端が1番シリンダ、右端が4番シリンダです。
コンタクトポイントのセンターナットを右方向に回して、ポイントベースの丸穴の中に見えるスパークアドバンサーの1.4 Tマークを合わせマークに合わせます。 
この時、4番シリンダーのロッカーアームが押し下げられていなければ、ここが圧縮上死点です。

(圧縮上死点とは)
ピストンが最も上がった位置で吸気バルブ、排気バルブが共に閉じている状態です。 
クランクシャフトが1回転してピストンが再び昇り切った位置が排気上死点です。 
吸気と排気バルブが共に開いているので、排気上死点ではバルブクリアランスの点検調整ができません。

③ヘッドカバーのアジャスティングホールからシクネスゲージを差込み、アジャストスクリューとバルブステムエンドの隙間を測定します。
規定値はインレットバルブが0.05mm、エキゾーストバルブが0.08mmです。
規定値から外れていたら、アジャストスクリューをマイナスドライバーで左右に回転させ、ロックナットで固定します。

④アジャスティングホールの位置の問題でシクネスゲージを真っ直ぐに差し込めません。 そのためシクネスゲージの先端を、少し、上方向に曲げておくと測定しやすくなります。
アジャストスクリューのロックナットで締めるとき、隙間が若干大きくなるため、調整値を予め0.01mm狭くしておくとちょうど良くなります。
この位置でバルブクリアランスを調整できるのは、3番エキゾーストバルブと2番インレットバルブです。

⑤もう一度クランクシャフトを1回転させて、1番シリンダを圧縮上死点にします。
この時に同時に点検調整できるのは2番エキゾーストバルブと3番インレットバルブです。

下表の〇印バルブと×印バルブがそれぞれ同時に調整できます。
c0266491_160984.jpg

最後にロックナットは締め付け過ぎないように注意が必要です。
[PR]
by motosprite | 2015-06-25 15:34 | CB750K0

エンジンが調子良いので、ついつい点検がおろそかになっていたコンタクトポイントは、接点が荒れて凹凸になっていました。 サンドペーパーで修正できる程度でしたが、長い間コンタクトポイントを交換していなかったしコンデンサーも相当古くなっているので、ポイントアッセンブリーをそっくり交換することにしました。

<スパークアドバンサーの点検>
センターの23mmナットを緩め、ポイントベースプレートを外してスパークアドバンサーの動きを点検します。
リターンスプリングの状態とガバナーの動きもスムーズなので、ポイントのヒールが擦れ合う部分に薄くグリースを塗ってOK。
c0266491_12262374.jpg

c0266491_1227761.jpg

<ポイントギャップの点検>
コンタクトポイントのギャップは0.3mm~0.4mmです。 ポイントが最大に開いたときのギャップをシクネスゲージで測定します。 パーツクリーナーで脱脂したシクネスゲージを前後に動かして、微妙な抵抗感を感じたらネジで固定します。 このポイントベースを固定している小ネジは頭がつぶれやすいので、力の入れすぎに注意が必要です。
c0266491_12273251.jpg

<点火時期の調整>
点火時期調整は#1.4ポイントから調整します。
センターの23mmナットをメガネレンチで右へ回し、コンタクトブレーカーベースの丸穴を覗いて、#1.4番Fマークと合いマークが重なった所でコンタクトポイントが開くように、ポイントベースプレートを左右方向に回して調整します。
右方向へ回せば点火時期は進み、左方向へ回せば点火時期は遅くなります。 コンタクトポイントが開くタイミングを正確に知りたいので、電球を使った自作テスターや市販のブザー型テスターを使います。 
ポイントが開くタイミングは、電球テスターなら消灯するところ。 ブザー型テスターなら鳴り始める瞬間です。 #1.4ポイントの調整が終わったら、今度は#2.3ポイントの扇形のベースプレートを動かして、点火時期を調整します。
c0266491_1228192.jpg

<タイミングライトで進角を確認>
すべての調整が終わったらエンジンを始動して、タイミングライトでポイントベースプレートの丸穴を照らし、点火時期が合っているか確認します。
アイドリングではFマークと合わせマークが合っていること。 今度はエンジンの回転数を2500rpm以上にしてFマーク前の2本線まで進角しているかを点検します。 もし規定どおり点火時期が進んでいなければ、スパークアドバンサーの不良が考えられます。
c0266491_12282886.jpg

[PR]
by motosprite | 2015-06-24 12:32 | CB750K0

c0266491_18322573.jpg
セルボタンを押してもカチッとマグネットスイッチの音はするけれどセルモーターが回らなかったり、回ってもセルモーターの勢いが弱いような症状はありませんか。 
バッテリーの電圧が正常なら、マグネットスイッチの故障、セルモーターの故障や配線の不良が考えられます。 今回はセルモーターのオーバーホールをしてみました。

セルモーターの故障の原因で最も多いのがブラシの磨耗と通電不良です。 新品のカーボンブラシとスプリングはまだ純正品が出ますから、部品を用意してからオーバーホールを始めます。

セルモーターの取り外し
エンジン本体からの脱着は作業がしやすいように、先にエアクリーナーボックス、キャブレター、カムチェーンテンショナーを取り外してバッテリーの端子は必ず外します。
次にセルモーターカバーとセルモーターを固定している6mmボルト2本を外せばエンジン本体から分離できます。 
c0266491_18155442.jpg

セルモーターの分解
セルモーター本体は2本の長い6mmネジを外すと大きく3つに分解できます。 この時ネジの頭を舐めないようにインパクトドライバーで一気に回します。
カバーを外すと真っ黒に汚れた2個のブラシが現れます。
ブラシを上から押さえているスプリングの端を横へずらしながらブラシを持ち上げ、配線を外せばブラシはステーと一緒に外れます。

アーマチュアコイルは反対方向へ引き抜けます。
新品のブラシの長さは12mmです。 意外にもこのセルモーターのブラシは新品に比べ2mm程しか減っていませでしたが、消耗品なのでスプリングと一緒に交換します。
c0266491_1821953.jpg

c0266491_18232690.jpg

ブラシとアーマチュアコイルの点検
アーマチュアコイルは錆や曲がりがなく、ステーターコイルの導通も問題ありませんでした。で コンミュテーターはブラシと擦れる部分が黒く汚れていたので、600番のサンドペーパーで軽く磨いてやると新品同様に戻りました。
コンミュテーターのマイカ(縦溝)が浅くなっていたので、大き目のカッターの歯で溝を掘ります。
c0266491_18273894.jpg

c0266491_18281171.jpg

セルモーターの組み立て
すべての点検が終わったら逆の順序で組立てます。
ブラシを押さえる渦巻き状のスプリングは、そのまま付けてもバネが働かないので、細いマイナスドライバーで巻き縮めながらステーに取り付けます。
アーマチュア端部分にオイルを塗ってカバー取り付けます。 プラス側のブラシのコードが接触するカバーの内側は絶縁テープが貼ってありますので、位置を間違えないように注意します。
c0266491_1831415.jpg

モーターが組み上がったらエンジンに取り付ける前にバッテリーに直結して回転の具合を確認してください。 すべての作業は2時間位で終了すると思います。
[PR]
by motosprite | 2015-06-23 18:33 | CB750K0

今まで経験と勘を頼りに調整していたキャブレターの同調作業。
バキュームゲージを使ってきっちり調整すると、見違えるようにエンジンの調子が良くなります。

<バキュームゲージ>
今までビギナーには中々手が出しにくかったバキュームゲージも、最近はネットや量販工具店で比較的安くバキュームゲージが買えるようになりました。
今回は興和精器のバキュームゲージを使って、CB750K0一本引きキャブレターの同調整備を行なってみました。
c0266491_16153416.jpg

<キャブレターのスロー調整>
まずスロットルケーブルの遊びをハンドル側とキャブレター側のアジャスターを緩めて多目にとります。
エアスクリューを軽く閉め込んでから1回転戻し、スロットルストップスクリューはTマークの刻印を合せてエンジン始動します。
バキュームゲージの針が大きく振れるときは、ゲージの首元のアジャスターを閉めていくと針の振れが安定します。
4つのバキュームゲージの針が16~24cm-Hgの範囲内で揃うように、エンジンの回転数が950rpm~1,000rpmになるように、スロットルストップスクリューを調整します。 整備書では先にエアスクリューの調整するようになっていますが、その変化はバキュームゲージでわかりにくいので、1回転戻しに決めてこの作業は行ないます。
ただし、エンジンを吹かして回転が下がるときにマフラーからパンパン音が出る場合は、エアスクリューを1/8~1/4回転位締めこんでガスを濃くすると音は止まります。
アイドリングでの同調が取れると、ミッション系やクラッチ系から出るガサゴソ音や振動が消えて、タコメータの針もピッタリと安定します。
c0266491_16141668.jpg

<中回転時の同調>
スロットルをゆっくり回してエンジンの回転数を約2000rpmにしたとき、バキュームゲージの針が4つ共揃うように、キャブレタートップのワイヤーアジャスターで調整します。
バキュームゲージの値が低いときは、スロットルバルブが開くのが早いので、ケーブルアジャスターを緩めます。 バキュームゲージの値が高いときは、ストッロルバルブが開くのが遅いので、ケーブルアジャスターを引く方向へ回します。 どれか一つが他に比べて負圧が低い場合は、値が高いキャブレターに合せ、逆に負圧が高い場合は、値が低いキャブレターに合せると同調が早く取れます。
最後にキャブレターのケーブルアジャスターのゴムカバーを被せ、スロットル側でケーブルの遊びを微調整します。

<インプレッション>
キャブレターの同調がピッタリ揃うと、エキゾーストノートは澄んだように一段と高くなり、スロットルの開け始めのトルク感もモリモリと大きくなったように感じられます。 
経験や勘頼りの整備ではCB750K0のエンジン本来の性能を引き出せません。
[PR]
by motosprite | 2015-06-22 15:20 | CB750K0

CB750K0 最適なオイル選び

<どんなエンジンオイルを使っていますか?>
エンジンオイルはホンダ純正やカストロール、モチュール、エルフ、WAKO'S等など沢山の種類があって、どれを使ってよいやら迷ってしまいます。

オイルの粘度の数字や規格の文字は知っているけれど、実はあまり意味がよくわからないという声を聞きます。 まして、今から40年近くも昔の空冷エンジンに最適なオイルなんて、何を使っても同じと思われるかもしれませんね。 でも、エンジンの特性に合ったオイルを使えば、エンジンはもっと快適に回り、加速フィーリングもずっと良くなります。

オイル選びのポイントさえわかれば、貴方の乗り方やエンジンのコンディションに合った最適なオイルが選べるようになります。

<オイルの粘度って、知っていますか>
粘度とはオイルの粘っこさを示す尺度です。
オイルの粘度は米国SAE規格で決められていて、番号が大きいほど粘度が高い(硬い、粘っこい)を意味してます。
例えばSAE 10W-30というオイル。 このオイルはマルチグレードタイプと呼ばれ、季節によって使い分ける必要のないオールシーズンタイプのオイルです。 
Wの前の数字「10」を低温粘度。 Wの後ろの数字「30」を高温粘度です。

オイルは温度によって粘度が変わります。 冬のように気温が低い時は、オイルは粘っこく硬くなって抵抗が大きいので、始動時にセルモーターの負荷が高くなり、バッテリーも上がりやすくなります。 
逆に気温が高い夏場の渋滞など、オイルの温度が高くなると、オイルは水のように粘度が低くなってオーバーヒートしやすくなります。 丁度、天ぷら油が低温だとドロっとしていて、フライパンで温めるとサラサラになるのと同じです。

エンジンには温度が低い時は軟らかめに、温度の高くなった時は硬めのオイルが最適です。 SAE20W-50は10W-30に比べて低温、高温とも硬いオイルです。

【高い粘度のオイルが適するエンジン】
  1.高温、高負荷、高回転が連続するエンジン
  2.古いタイプのエンジンでクリアランスが広いエンジン
  3.メカニカルノイズが大きくなったエンジン
  4.オイル消費量が多いエンジン
  5.改造して発熱量が増えたエンジン

【低い粘度のオイルが適するエンジン】
  1.クリアランスが狭いエンジン
  2.シャープな加速やレスポンスを重視するエンジン
  3.燃費性を追求するエンジン
  
<エンジンオイルには3種類あります>
エンジンオイルは原油を精製して作られたベースオイルに様々な添加剤を加えて出来ています。 
このベースオイルは鉱物油、部分合成油、化学合成油の3種類があります。

①鉱物油は昔から潤滑油として一般的に使われ、純正オイルの多くは鉱物油が使われています。 
②化学合成油はナフサを原料として化学的に精製された高品質なオイルです。
【合成油の特徴は】
  1.熱に強い
  2.油膜が強い
  3.浸透性が高い
  4.性能が長持ちする
  5.価格が鉱物油に比べ高い
③部分合成油は鉱物油に化学合成油を配合したもので、価格と性能を両立させたオイルです。

<化学合成油とオイルシールの問題>
CB750K0が発売された69年~70年代のエンジンオイルは鉱物油の時代でした。
化学合成油はオイルシールのゴムを収縮させる特性があります。 
シールが縮むことによってできる隙間や、シャフトと接するゴムシールが摩滅し、そこからオイルが漏れるという現象が起きることがあります。

しかし現代のオイルシールは品質が改善され化学合成油によるゴムの収縮は起きません。 
問題は今まで一度もオーバーホールをしていないエンジンや、40年も昔のデッドストックのオイルシールを使った場合、化学合成油の影響によるオイル漏れが考えられます。

化学合成油はオイル分子が小さく浸透性が良いことから、ケースの合わせ目や古いシールからオイルのニジミが起きる可能性があります。
オイル漏れが心配の場合は、粘度の高い鉱物油を使うことをお勧めします。

<CB750K0に最適なオイル選び>
粘度とベースオイルの種類がわかったら、バイク乗り方とエンジンの状態に合ったオイルを選んでください。
c0266491_20384324.jpg

c0266491_20391177.jpg

ボアアップ等チューニングエンジンはオイルが高温になるため合成油の高粘度オイルを使ってください。

CB750K0にはJASO-MA規格のオイルを使ってください。 それ他の4輪車用オイルやJASO-MB規格のオイルは、湿式クラッチの滑りを起こす原因になりますので使用しないでください。
c0266491_20431569.jpg


追記
昨年8月の猛暑の中、CB750のエンジンはオーバーヒート気味。
ここで威力を発揮したのがBP CLASSIC 20W-60です。 粘度が高いので夏の高温時でもへこたれず、ミッションのタッチもクラッチのつながりもスムーズになり、夏場に使用するのに好印象でした。
c0266491_8582962.jpg

[PR]
by motosprite | 2015-06-21 19:40 | CB750K0

オートバイと飛行機が趣味のお気楽ブログ